古流活法「手もみ検定」とは?

明治以前の整体は武術と表裏一体

幕末までの日本の医療は東洋医学が主流でした。

その中でも”骨つぎ”などの技術は武術指導者が、道場経営の傍ら行っていることが多いものでした。

それもそのはずで武術には活殺自在という言葉があり、活法という療法技術を修めることが必須でした。

 

現代でも有名な名倉クリニック(整形外科)の業祖名倉直賢(1750〜1828)は武備心流体術から習得した整骨術に、御殿医多紀一族との交流によって得た知識を併せ、発展させたと言われています。

また、また坂本龍馬などの物語でも登場する北辰一刀流千葉道場創始の千葉周作の娘、千葉さなも維新後に千葉家裏武芸である月辰流体術の整体術で維新後、整体院を生業にしたとも伝えられています。

 

江戸時代の日本武術と整体術は表裏一体だったのです。

 

手もみ検定協会の伝える整体術とは

手もみ検定で伝える整体術は、多くの古武術諸派を学んだ後、武禅館流空手、神州武禅流兵法を創始した理事長がその古流活法を現代科学と照らし合わせて再編纂した技術です。

 

その中でも「手」を用いて”いつでも、どこでも”行える技術であることから検定事業名を「手もみ検定」と名付けた次第です。

 

Simsalabim

Ut suscipit imperdiet nisl hest tempor.


Clients

Consectetur adipiscing elit. Inscite autem medicinae et gubernationis ultimum cum ultimo sapientiae comparatur.

Awards

Mihi quidem Antiochum, quem audis, satis belle videris attendere. Hanc igitur quoque transfer in animum dirigentes.

Publications

Tamen a proposito, inquam, aberramus. Non igitur potestis voluptate omnia dirigentes aut tueri aut retinere virtutem.